ものづくりのエピソードマガジン monoepi

海外進出 タイ進出を目指す日本の中小企業をサポートします。

チュラロンコン大学サシン経営管理大学院エグゼクティブディレクター・藤岡資正さん

タイでスタッフが初期段階の営業をサポートして受注につなげます。

(主な業務内容)
・SEOが効率良くできるサイトの構築
(同じデザインでも、構成や言葉で変わる)
・毎月のメンテナンス
(本来は社内のスタッフがやる部分の代行)
・タイローカル顧客からの問い合わせ対応
・初期営業代行
(この部分だけは別料金で成果報酬)
このサービスを企画した経緯
あるクライアントからタイで検索されやすい
タイ語のキーワードを考えて欲しいとの依頼がありスタッフが
いろいろ考えてWebサイトに反映させた結果、そのクライアントのサイトがタイで
かなりヒットするサイトになり、タイローカル顧客からの問い合わせが来るようになった。

フィリピンでECサイト

アルタサイト http://alta.co.jp

2016年にフィリピンで日本製品を購入できるEC(電子商取引)サイトを開設
現地の運送会社と業務提携し、ユーザーが注文した商品を2日で届けるサービスを提供するアルタ 加藤千雄社長。
現地ではネットで注文した表品が指定日通りに届かないケースが多く
商機があると判断した。
アルタは14年、フィリピンに現地法人を設立した。これまで割引クーポンを利用できるサービス事業者などを検索できるサイトの構築などを通じて、現地でECサイトを手掛けるうえでの課題を探ってきた。日本ではECサイトで注文した商品が翌日に届くなど、物流網が発達している。一方、フィリピンでは物流網が充実しておらず、注文した商品が指定日に届かないケースも多い。
これを解決するため、このほどフィリピンの中堅運送会社と業務提携した。アルタがECサイトを構築し、提携した運送会社が物流を担う。
ECサイト内で販売する商品構成は今後、詰めるが、現地で人気の高い日本製品などが候補になる見通し。
運送会社は数十台のトラックを保有している。配送エリアは人口約1400万人を抱えるマニラ首都圏を計画。受注や配送状況を踏まえ、ほかの都市にも配送エリアを広がることを検討していく。決済手段は、クレジットカードが普及していないため、商品引き換えに代金を受け取る方式を採用する方針。日本と商習慣が異なるため、人材教育も徹底する。
加藤社長は「商品が確実に届くECサイトを目指す。来年の年明けにも開設したい」と話している。
同社の設立は2005年。集客や売上高拡大につながるホームページの制作のほか、各種検索サイトを運営している。従業員は30人。

町工場からアジアのグローバル企業へ

おすすめ本

大野 泉氏の
町工場からアジアのグローバル企業へ

目次
第1部 日本型ものづくりのアジア展開
第1章/ものづくり中小企業の海外進出
第2章/新段階を迎えた中小企業の海外展開支援
第2部 地域に根ざした海外進出支援
第3章/ものづくり中小企業の海外進出と地方自治体の役割
第4章/各産業集積地における中小企業の現状と海外展開の取組み
第3部 相手国との共創プロセス
第5章/ものづくり中小企業のタイ進出の実態と課題
第6章/ベトナムにおける工業人材育成の現状
第7章/アジアとの「ものづくりパートナーシップ」に向けて
(TRC MARC)

TEKNIA10年の歴史

中古機械・オリジナル製品販売サイト 日本クラブメンター協会 目玉の中古機械一覧 New! ORIGINAL PRODUCTS 売りたい会社と買いたい会社の架け橋になります!