ものづくりのエピソードマガジン monoepi

技能特集 テクニアカレッジでのモノづくりの楽しさを伝え技術を伝承。

テクニアカレッジ ボール盤実習

7月から、週一回 株式会社平松製作所様 に、基礎コースを受講して頂いています。

本日は、ボール盤実習。回転速度による面取り時の面相を体感して頂き、刃物の材質やその他条件も、多面的に考慮する事の重要性を学んで頂けたと思います。

ボール盤 カリキュラム(1日間 6~7H)

① 安全作業の説明
② 種類 (ア) 直立ボール盤・ラジアルボール盤
③ 各部の名称と働き・操作方法 ・工具の取り付け方
④ 素材を固定する為の工具 (ア) バイス・クランプ・チャック・ジグ
⑤ ケガキ (ア)目的  ケガキのしかたと注意点の説明 

(イ)ケガキを行う道具の種類と使用方法

⑥ 課題製作 (ア) 物を作る為の工程・手順の説明 

・使用する工具の種類の説明

(イ) 切削条件と計算方法の説明

・それぞれの刃物に対しての回転数

(ウ) 刃物と素材の当て方と0基準の出し方

(エ) ドリル加工での送るスピードと切粉の関係

(オ) 素材の厚い・薄い物・穴の貫通・止まりでの作業の注意する部分

(カ) C面の加工の考え方と作業方法

(キ) 内径ネジの作業方法

・タップ加工での刃物と素材の当て方と0基準の出し方

・ハンドルの回すスピード(行きと戻し)

その他、参加者の経験値により拡充

テクニアカレッジ 7月~9月の講座ご案内

発足
株式会社TEKNIAの社員教育、熟練技術者から若手社員への技能伝承を目的として2004年6月スタートしました。仕事中では「失敗が許されない」、「ゆっくり教えてもらえない」、という生産現場ならではの問題を、休日自主参加の社内学校で解決し若手とベテランのコミュニケーションの場としても効果的でした。

カリキュラム
「加工の基礎」、「現場で役に立つ実践的な内容」を、どうやって伝えていくかを「手造りで、形にこだわらない」をモットーに考え創り上げています。現在も、研修を行う度に内容の改善を行い続けています。

公開講座開始
取引先から「うちの社員も教えてほしい」との声や、工具商社の営業マンなどからの要望で、2004年10月から月1回の講座をはじめました。テーマは物を造ることの喜びを体験してもらう事でした。

発展
新聞社、業界紙、TV等の取材などで取り上げられ、全く取引のない企業からの問合せが増えた為、カリキュラムを整備し本格的に研修機関として組織を整えることになりました。

企業の抱える共通課題、「教育」について、問合せを頂いた企業の経営者、管理者に直接会い「テクニアカレッジ」の思想に賛同して頂いた上で参加を決めていただいています。

生み出された特色
・少人数制:講師1人につき生徒2人(6人まで)
・個別対応:1人1台機械を使用
・ 問題解決:実際の仕事の中で感じている問題点に対してアドバイス
・ 公共の研修機関では、対応していない柔軟性を持った研修を行う。
問合せを頂いた企業の経営者、管理者、参加者の声を聴きながら、主催者と参加者が共に形を創っていく 『共創』 という1つの考え方が定着しました。

コース名:テクニアカレッジ基礎コース

日程
2015年7月23日 9:00~16:00 図面
2015年7月30日 9:00~16:00 刃物
2015年8月6日 9:00~16:00 測定
2015年8月20日 9:00~16:00 ボール盤
2015年8月27日 9:00~16:00 旋盤
2015年9月2日※ 9:00~16:00 旋盤
2015年9月10日 9:00~16:00 フライス盤
2015年9月17日 9:00~16:00 フライス盤

注)進行状況により延長する場合があります。

会場 株式会社TEKNIA 本社
名古屋市中川区江松三丁目459番地
電話 052-303-3347  080-3531-4384

測定誤差

 

同じ人が同じマイクロメーターを使って

同じ温度で 違う場所で測定する。

この時 何故か測定誤差が生まれた。

誤差はもちろん1000分代

あらゆる面で調べた結果

理由は光量光方差という事が判明。

工場の明るさと検査室の灯りの向きや

デシベルで変わっていたのだ。

工場内の照明も大切ですよね。

汎用旋盤を使える?

CNC NC 数値制御の工作機械が主流を占める昨今

量産工場に汎用機が無いのはもはや普通の事だ。

汎用機が無くても確かに単品ものも出来れば

時間も方法によってはNCの方が早い場合もある。

日本のクオリティの高さはどこからくるのか?

テクニアカレッジで講師を務める辻清助65歳が

講義で必ず伝える言葉がある。

それは旋盤機の5Sだ。

修行前の試運転 油差し ベッドの確認 仕事の終わりの掃除 道具の整理整頓

一番大切なのは心構えと真剣なまなざしで生徒に伝える。

これは50年間もの作りを現場で支えて愛した男の言葉だ。

だから彼の職場はとてもきれいで清潔だここ何年も不具合を作ったという話を

これは50年間もの作りを現場で支えて愛した男の言葉だ。

少しオーバーに言うと

汎用旋盤が使えるという事は道を究めていますか?ということにもなる。

心技鍛錬 心を鍛えて初めて良質なもの作りが出来ると言えよう。

中古機械・オリジナル製品販売サイト 日本クラブメンター協会 目玉の中古機械一覧 New! ORIGINAL PRODUCTS 売りたい会社と買いたい会社の架け橋になります!